【虐待】持ち上げて突き落とす【毒親】

  • 2017.09.21 Thursday
  • 08:57

JUGEMテーマ:handmade

 

 

こんにちわ、福永です(´ω`)

 

【錦とあんず】

まんが描いてます。

虐待とか自殺とか、死んだあとの世界の話です。

〇マンガボックスインディーズ

https://www-indies.mangabox.me/episode/95603/

〇LINEマンガ

https://manga.line.me/indies/book/article?id=29237

〇マンガごっちゃ

http://mangag.com/products/detail.php?product_id=30487

順次更新していきます〜(^-^)

 

 

 

 

さて、新作準備中なので、まだ新しい作品アップできないということもあって、

今日もちょっと真面目な話をしようかな、と思います。

 

うちの親戚で、「そりゃダメだろ」

という毒親案件がありました。

とくに、男の子のいる家庭で多い事案だと思います。

 

私はその親戚とは、たまにしか会う機会がなかったので、

男の子二人と両親(当時はまだ若かった)は

平和な普通の家族だと思っていました。

というか、まあ、見た感じは誰が見ても普通でした。

 

兄弟ふたりは、親が野球好きなことから野球部に入り、

小学校からずっと野球漬けの毎日を送っていました。

 

「まあ、子供本人が野球楽しくてやってんならいいだろう」

(中には親が押し付けてスポーツをやってる家庭もある)

とは思っていました。

 

ただ、おかしいことが一点。

 

「お前は将来、野球選手になれるかもしれないぞ?」とか

「甲子園目指すんだぞ!プロ野球も目指せよ!」みたいな

まあ言っちゃなんだけど

夢みたいなことを子供に言い聞かせていたんですよね。

 

んで、たぶん子供は「よし!目指そう!」って思っていた

と思うんです。それくらい本当に頑張ってたし。

これって、自分の夢を叶えるというよりも、

「親の期待に応えたい」って気持ちだったと思います。

 

では、その後、大きくなるたびにどのように変化していったか。

 

小学校→ 甲子園やプロ野球という過度な期待を寄せる

中学校→ 飛び抜けて上手な人には敵わないと知る。親からは勉強を強いられる

高校→  野球なんて遊びなんだから真面目に勉強して就職しろと言われる

 

結局、その親戚の子は高校を卒業して

親元を離れて就職しました。

親子仲は、言うまでもないです。

 

一番「おいおい(^_^;)」と思ったのが、

あれだけ小学校のときは「プロ野球選手になれ」とか

言っていた人が、いざ中学・高校になると

「何言ってんだ?なれるわけないだろ!」

コロッと態度を変えていたことです。

 

アニメ「ユーリ on ice」でも、

「僕が勝つって僕より信じてよ!!黙ってていいから離れずにそばに居てよ!!」

ってセリフがありましたが、

親ってのがコーチ役なのだとしたら、

この親戚の親はコーチ失格だったのかな、と思います。

 

同じような事例は多くて、

「子供の頃は漫画家になれと言われたが、中学あたりから現実を見ろと言われた」

「かわいいから女優になれると言われたが、大きくなるにつれ人と比べられるようになった」

などがあります。

これって、

「女子高生は化粧なんかする必要ない!真面目に勉強してればいい」から、

卒業した途端、

「化粧の仕方もわからないのか、彼氏も作れないのか!」

と言われるのも同じ現象です。

 

「持ち上げるだけ持ち上げておいて、

 

ある一定の年齢になったら、現実に突き落とす」

 

これって、「高い高ーい!」って持ち上げて、

一番高いところで手を放してしまうようなもんです。

たかいたかーい!って遊んでたのに、途中で飽きて

やめてしまうってことです。

 

もちろん、“普遍的なもの”って存在しませんし、親も人間ですから

変化するのはわかるのですが、

はっきり言って幼い子供に対しての発言があまりにも無責任です。

相手が赤ちゃんだからと言って

「頑張ればアンパンマンになれるよ〜」

いや、無理でしょ、って感じです。

んで、無責任な発言は子供がしっかり聞いて理解していて

「親の期待に応えてやろう」と思うので悲劇が起こります。

無責任な発言の親は、どこまでいっても無責任です。

 

「うちの子、かわいいから将来アイドルになれるんじゃない?」

なんて、思い上がるだけならいいのですが、

「私が昔アイドルになりたかったから、この子にはアイドルになって

もらおう!」

みたいに考えて、その子が自分でなりたいと思っている形を無視する

パターンが多いです。

当然、それが現実になることはありません。

だって、その子は親とは別の人間ですから。

 

私も昔、無理やりピアノを習わされたことがありました。

下手くそだし、楽しくないし、一向にうまくならなかったのですが

ようは母親の「昔ピアノを習いたかったのにできなかったから

娘を代わりに通わせる」という“自分の代理”だったのです。

もちろん辞めました。

(月謝だって高いのに!とか散々怒られました)

 

人ってそれぞれです。

親から生まれたからと言って、親のコピーってわけではないです。

どんな才能を持っているのかわかりませんが、

やはり本人の「好きな方」に広がってるものじゃないかな、と思います。

そして、才能が仕事になるとは限りませんし、

サポートしてあげなければ開花しない場合もあります。

また、大人になってから自分で探しに旅に出る必要がある場合もあります。

 

親の人生のために、子供を犠牲にしてはいけません。

また、親のために、子供が自らの人生を犠牲にする選択をしてもいけません。

 

こちらの本がおすすめ。

親の犠牲になっちゃダメよ。

↓↓↓

 

誰だって、自分の人生の落とし前は、自分でつけないといけませんものね。

誰かが代わってくれることではないです。

 

今苦しいのは、「親の人生の落とし前をつけている」

からかもしれませんよ?

 

では、また(^-^)!

 

 

 

 

 

●「ミルクグラフ」HPはこちら→ http://milkgraph.web.fc2.com/

●iichiでの雑貨通販はこちら→ http://www.iichi.com/shop/milkgraph

●架空ストアさん(本を委託中)→ https://store.retro-biz.com/profile_o522.html
 
●Tシャツ通販はこちら→ http://www.ttrinity.jp/shop/milkgraph/

●creema(雑貨通販)→ http://www.creema.jp/c/milkgraph/selling

●minne(雑貨通販)→ https://minne.com/milkgraph

●BOOTH(同人グッズ販売)→ https://milkgraph.booth.pm/

 

●ココナラハンドメイド→ https://handmade.coconala.com/users/30248/

 

●suzuri→ https://suzuri.jp/midorimaru033


●ORETTE.jpで男性向け恋愛コラム連載中→ http://orette.jp/

 

●「いま女子」さんで女性向けコラム連載中→ http://imajoshi.jp/


●ヴィレッジヴァンガードオンラインさんでハンコ委託販売中!→ http://vvstore.jp/feature/detail/7509/

 

 

【虐待】「許す」ってどうすればいいの【毒親】

  • 2017.09.20 Wednesday
  • 12:05

JUGEMテーマ:handmade

 

こんにちわ、福永です(^-^)

 

マンガボックスで【錦とあんず】連載中です!

月間人気ランキング8位ありがとうございます\(^o^)/

現在2話まで公開中。

来週月曜には、3話が公開になります!

https://www-indies.mangabox.me/episode/95603/

LINEマンガはこちら→ https://manga.line.me/indies/book/article?id=29237

(内容は同じものです)

 

さてさて、今日もまたちょっと真面目な話をしようと思います。

 

 

毒親に関して、とりあえず教科書的な本なので、この本は

是非、悩んでる女性には読んでいただきたいなあ、と

思っているのですが、

 

毒親に関する本を読んでいると、どうしても出てくるのが

「許す」

ってキーワードなんですね。

 

簡単に「昔はそういうこともあったけど、許すよ〜」って

ことができたら、まあ楽ですわね。

んで、この「許す」ところまでいくのためには

本人のものすごい葛藤と努力と諦めが必要なのです。

 

んで、私の持論なのですが

 

「許さなくてもいいです」

 

だって、ひどいことをした親は、法律で裁けないだけで

はっきり言って許せるもんじゃないですよね。

時間は巻き戻すことができないし、

今更謝られたって「遅い」と思うし、

そもそも謝ってもくれません。彼らは自分が正しいと思ってますから。

 

では、どうすりゃいいのか、ってことを

お話したいと思います。

 

あらゆる家族の不仲って、“宗教同士の対立”と似ていませんか?

 

A宗教とB宗教は、それぞれA神とB神を信仰していて、

それぞれの信仰の仕方があります。

「正しい」と思っていることも違います。

これって、どこまで掘り下げても相容れることができないですよね。

「あんたが間違ってて、私が正しい」

ってお互いに思っていますから、戦争も起こります。

 

では、これが家庭内で起こったらどうでしょう。

 

A宗教を信仰している両親と、B宗教を信仰している子供。

当然、相容れることはありませんし、

お互いに「あんたが間違ってて、私が正しい」

って思ってますよね。そりゃ喧嘩もします。

 

仲の良い家族の場合、「家族それぞれ別の人間だし、

宗教が違っても、いいよね〜」

というお互いの尊重があります。

 

仲の悪い家族の場合、「家族は全員同じ宗教を

信仰しなければならない!お前は改宗しろ!」

と圧迫します。

 

図にするとこんな感じ。

 

 

んで、毒親の場合はまさに「悪い家族の例」に当てはまります。

 

家族とか、組織を運営していく上で、

「全員同じ宗教」の方が管理しやすい、というメリットがあって、

ようは「多様性を認められない無能な人、管理能力が低い人」が

対立する宗教を悪く言って改宗を迫る、というパターンなのですが

(ブラック企業も同じですね)

 

問題なのは、子供は幼い頃からすでに属する宗教を

持っているにも関わらず、親から別の宗教の教育方針で

育てられてしまう、ということです。

本人はB宗教の精神を持っているのに、

子供なのでそれがわからないのです。

(あくまで例えですよ)

 

B宗教なのに、A宗教の家庭に生まれてしまったことは

運が悪かったと言えるのですが

(これは残念ながら、統計的に反発する人間は生まれるようになっている)

 

これをもっと拡大して考えてみましょう。

 

もし、周囲が全員A宗教、という国に、

ひとりだけB宗教の人間がいたら、

どうしますか?

 

B宗教者は迫害を受けます。

お前は間違っていると糾弾され、

暴力を振るわれたり、殺されそうになることもあります。

 

私だったら、その国を出て、別のB宗教の国に移住します。

 

つまり、「許す」ってこういうことなのではないでしょうか。

今までいた国は、確かに生まれ育った国ではあるけれど、

宗教(考え方)が違うので、居心地が悪い。

だからと言って、A宗教が間違っているかといったら、そうではない。

A宗教の人は、A宗教が居心地がいいのです。

 

B宗教を信仰している人は、

同じくB宗教を信仰している国に安住の地を

求めるか、批難されない土地に行くことで

心の安定を手に入れることができます。

 

だって、以前クリスチャンの友人と話をしていたら、

「絶対神様はいる」という話になり、

宗教の違う私は「こりゃ、この話は埓があかないな」と

思ったものです。

 

宗教ってのは「私は神様がいると思う!」と思っていれば

それでいいだけの話なので、

「あなたもそう思うよね?」は不要です。

 

この「許す」っていうのは、

「私はB宗教、あなたはA宗教。それでいい。あとは関わらない」

と、宗教の対立の論争を終わらせることです。

 

よく考えてみれば、

人食い族みたいな人たちにしてみれば

人間を殺して食べる、っていうのが彼らにとって

正しい行いみたいなんですけど、

「それおかしいでしょ」と思ったら

近づかなければいいだけの話ですもんね。

 

あと、毒親の多くは

「なぜこのようなこと(暴力など)をしているのか」

について、理論立てて説明することができません。

「なぜですか?」と問い詰めていくと、必ず言葉につまり

「あなたにはわからない!」とか「どうせわからない!」と

声を荒げることになります。

これってつまり、

「なぜこんなことをしているのか、自分でもよくわかってない証拠」です。

A宗教に逆らったB教徒を殺してもいい理由なんか、

いちいち考えて行動しませんからね。

 

学校や職場でのいじめも同じです。

「あ、ここは私の宗教が受け入れられないんだ」

と思ったら、その場を離れてください。

必ず、宗教が違っても受け入れてくれるところがあります。

(多国籍の従業員がいる職場などは寛容ですね)

 

ということで、私はあまり寛容ではないので、

憎いとも思いますし、いつも「ムカつく!」って

思ったら素直にそう思いますし、

許せないことは許しません。

 

でも、「人食い族に、人食うなって言ってもやめないよな…」

ってことはわかっているので、

「あいつらまた人食ってんな〜。知らねー」

って、ポイッとするようにしています。

 

 

スーザン・フォワードの本は、ほかにも

結構面白いことが書かれているので、

おすすめです。

是非読んでみてください。

 

って感じで、今回は「許す」についての

お話でした。

 

ではまた〜(´ω`)

 

●「ミルクグラフ」HPはこちら→ http://milkgraph.web.fc2.com/

●iichiでの雑貨通販はこちら→ http://www.iichi.com/shop/milkgraph

●架空ストアさん(本を委託中)→ https://store.retro-biz.com/profile_o522.html
 
●Tシャツ通販はこちら→ http://www.ttrinity.jp/shop/milkgraph/

●creema(雑貨通販)→ http://www.creema.jp/c/milkgraph/selling

●minne(雑貨通販)→ https://minne.com/milkgraph

●BOOTH(同人グッズ販売)→ https://milkgraph.booth.pm/

 

●ココナラハンドメイド→ https://handmade.coconala.com/users/30248/

 

●suzuri→ https://suzuri.jp/midorimaru033


●ORETTE.jpで男性向け恋愛コラム連載中→ http://orette.jp/

 

●「いま女子」さんで女性向けコラム連載中→ http://imajoshi.jp/


●ヴィレッジヴァンガードオンラインさんでハンコ委託販売中!→ http://vvstore.jp/feature/detail/7509/

【虐待】不幸になってもらわないと困る?【毒親】

  • 2017.09.17 Sunday
  • 17:23

JUGEMテーマ:handmade

 

こんにちわ、福永です(^-^)

 

マンガボックスで【錦とあんず】連載中です!

なんかこんなにたくさんの人に読んでもらえるなんて

感謝の極み!!!

月間人気ランキング10位ありがとうございます\(^o^)/

現在2話まで公開中。

来週月曜には、3話が公開になります!

https://www-indies.mangabox.me/episode/95603/

LINEマンガはこちら→ https://manga.line.me/indies/book/article?id=29237

(内容は同じものです)

Twitterでは、現在7話を更新中。

出来上がり次第のっけていきます〜

 

 

さて、今回は、最近ちょっと気がついたこと。

 

気がついた、というか、知っていたけど「はっきりわかった」と言った

ほうがいいかも知れない。

 

「あなたには不幸でいてもらわないと困る」って感じで

足を引っ張る人、多くないですか?

 

いや、私の周りに多いってだけかもしれないのですが、

それにしても結構いるなあ〜と感じます。

 

どういうことか、と言うと

たとえばうちの母親(毒親)なのですが、

私が「親に逆らったことによって、成功することが許せない」のです。

そりゃそうですよね、親に反発したことが事実によって肯定されて

しまったら、まるで「親が反対したことが悪」みたいな結果になる

かもしれませんものね。

 

そこでうちの親はどうしたか、というと、

私が成功することを全力で阻止するのです。

 

「親なら普通、子供のこと応援するでしょ!?」

 

って普通思うと思います。

それはたぶん、世の中に浸透している認識です。

私も自分の子は応援したいです。

っていうか、親が反対したって、

結果的に子供が成功すればいいと思います。

 

ところが、毒親の場合は違います。

 

以前実際にあったことですが、

私は結構絵画コンクールなんかで賞を取る機会が

多かったんですね。

んで、小学生時代の夢が「漫画家」だったのですが

親はそれを阻止しようと必死だったわけです。

簡単に言うと「調子乗ってんじゃねえぞ」って感じだったんですね。

親は「自分が一番じゃないと気がすまない」人なので、

私が賞を取っても「へえ…だから何?偉いとでも思ってんの?なに?自慢なの?」

って感じで褒めてくれませんでした。

 

まあ、そこまでは我慢できるのですが、

今度は私の絵が下手だ、ということを言って

圧迫してくるわけです。

「あんたの同級生のAちゃんのほうがうまい、あんたもあのくらい描けないと

漫画家なんかになれない」

「こんな絵で賞とれるんだね、審査員はどこ見てるんだろうね」

「前回は賞とれたんだから、次も当然取れるんでしょ?」

などです。

 

当時私は「子供を応援しない親はいない」と教えられてきましたから、

きっと親は冗談か何かでそう言っているに違いない、と

現実から目を背けてきました。

でも、冗談ではありませんでした。

 

幸い、学校で絵を描いて、学校側から出展しているので、

描いた絵そのものに、何かをされる、ということは

ありませんでした。

 

上記は一例ですが、

母親以外にも、

学校の同級生や、親戚の人から

 

「自分が選ばなかった道を選んで進む人間が成功すると

都合が悪いから、お前を失敗させてやる」

 

という、強い圧迫を加えられる場面は

たくさんありました。

おそらく、このような経験を持っている人は

たくさんいると思います。

 

これって簡単に言うと、

 

独身を選択した女性が、結婚を選択した女性に嫉妬したり、

または逆に、

結婚を選択した女性が、独身を選択した女性に嫉妬する、

というのに、すごく似ています。

 

最近で言うと、結婚も出産もしないまま40歳を超えた女性から

「ほら、子育てって大変でしょ?お金も苦しいでしょ?

後悔してるってハッキリ言いなさいよ」

と言われたので、

「いえいえ、お金の面での苦労は今に始まったことでは

ないですし、子育ては楽しいです」

って言いましたら、

「今に見てろよ、助けてくれって言われても助けないからな!」

と言われました。

(今までその人に助けてなんて言ったことない)

 

ようは、その人は私のことが羨ましかったんでしょうけど、

どうして私が自分の人生を肯定して生きることが、

彼女の人生への否定に繋がっているのか、さっぱりわかりません。

わからないっていうか、「そこ関連付けさせないでよ、別でしょ」

って感じです。

 

たぶん彼女は私が

「出産しなければよかった!後悔している!」

と苦しんでいる姿を見れば、満足したのでしょう。

 

こんな感じで、

 

「あなたには不幸になってもらわないと困る」

 

「じゃないと、私が選んだ人生が失敗だったということになってしまう」

 

「あんたが不幸になれば私の人生が肯定される」

 

と、いった感じで、嫉妬の対象に危害を加えている人の

多いこと、多いこと。

あと、なぜか私がターゲットにされやすい、

というのもあります。

(楽しく生きているだけなのに)

 

「羨ましい」って感覚って、その人の過去(良いこと、悪いこと全部)や

努力も含めて得た結果に対しての感情だと思うのですが、

もし本当に「羨ましい!私もあなたみたいになりたい!」って

思うなら、その人の過去や努力をひっくるめて

全部を背負う覚悟がある、ってことです。

 

ただぼんやりと「いいな〜羨ましいな〜」って言うのは、

なんの努力もしないでノーベル賞欲しいとか、

国民栄誉賞欲しい、って言ってるようなもんです。

 

自分の幸せとか、欲しいものって、自分で掴み取るから

価値があるのであって、

他人を見て「羨ましいから蹴落としてやろう」ってのは

クズのやることだと思います。

 

それに、今もし不幸なのだとしても、

今後どんな形で幸せを感じることができるか

誰もわからないわけですから、

幸せににこにこしている自分を想像しながら、

今できることをとにかくやり続けるって

大事なことだと思います。

自分の人生は、自分のものだから。

 

とにもかくにも、「私は私、あなたはあなた」です。

 

「あんたのためを思って言ってるのよ〜」って感じの

マウンティングが多いので注意してくださいね。

その人たちも、毒親と同じ思考ですよ。

 

 

では、また!(^-^)

 

 

 

●「ミルクグラフ」HPはこちら→ http://milkgraph.web.fc2.com/

●iichiでの雑貨通販はこちら→ http://www.iichi.com/shop/milkgraph

●架空ストアさん(本を委託中)→ https://store.retro-biz.com/profile_o522.html
 
●Tシャツ通販はこちら→ http://www.ttrinity.jp/shop/milkgraph/

●creema(雑貨通販)→ http://www.creema.jp/c/milkgraph/selling

●minne(雑貨通販)→ https://minne.com/milkgraph

●BOOTH(同人グッズ販売)→ https://milkgraph.booth.pm/

 

●ココナラハンドメイド→ https://handmade.coconala.com/users/30248/

 

●suzuri→ https://suzuri.jp/midorimaru033


●ORETTE.jpで男性向け恋愛コラム連載中→ http://orette.jp/

 

●「いま女子」さんで女性向けコラム連載中→ http://imajoshi.jp/


●ヴィレッジヴァンガードオンラインさんでハンコ委託販売中!→ http://vvstore.jp/feature/detail/7509/

【虐待】長女の呪縛【毒親】

  • 2017.09.14 Thursday
  • 09:36

JUGEMテーマ:handmade

 

 

こんにちわ!福永です。

 

暑くもなく、寒くもなく、

こちら青森は

ちょうど良い気候が続いています(^-^)

 

シロクマの評価印(先生ハンコ)

好評発売中です!

 

先日、息子の連絡帳に押してみましたw

同じインク浸透式で、阿修羅像と弥勒菩薩も

作ってみようかと思ってます(*´∀`*)www

 

●minne→ https://minne.com/milkgraph

 

●creema→ http://www.creema.jp/c/milkgraph/selling

●iichi→ http://www.iichi.com/shop/milkgraph

 

●BOOTH→ https://milkgraph.booth.pm/

 

●ココナラハンドメイド→ https://handmade.coconala.com/users/30248/

 

 

 

さてさて、

ほかのメディアでもいろいろと書いてきて、

これからも声を大にして言っていきたいのですが、

 

長女の扱い酷くない?

 

って話を今日は書こうと思います。

 

何を隠そう、私自身が三姉妹の長女なのですが、

親に育ててもらっていた時も、

社会に出てからも、

現在、ひとりでいるときも

 

長女の呪縛に縛られている

 

と感じます。

そう感じる人は多いのではないでしょうか。

この長女、というのは、「第一子」の場合もありますし、

上に兄がいる場合の長女であることもあります。

 

何が酷いのか、ってことなのですが、

 

たとえば私の場合、子供の頃から家事の手伝いは

当然「お姉ちゃんの仕事」と言われて、厳しく指導されてきました。

なんなら、母親の代わりに食事を作っていた時期も

ありますし、

小学校高学年になってからは自分の服は

自分で洗濯するように指導されてきたので

ある程度身の回りのことはできるようになっていました。

 

では、妹たちはどうか、というと、

「何も出来ません」

…はい。何もできないのです。

 

どうも、妹たちは「めんどくさい」「やりたくない」と言えば、

それを許してもらえた背景があり、

私のように「やらなければ、どうなるかわかってんだろうな」という

圧迫を両親から受けていなかったようです。

 

そのため、妹たちが汚した部屋を

姉である私が親の指示を受けて片付け、

連帯責任として叱られる、みたいなことは

何度もありました。

 

両親としては、長女である私に一番、教育にお金をかけた、

と言っていますし(とは言え、後の祖母のお金だったと知る)

私自身も、自分のことすら何もできない妹たちと

違ってなんでも自分でできることは財産だと思っています。

 

ところが、ひとつここで弊害が出てきます。

 

社会に出ても、親や妹たちのように

私に頼ろうとしてくる人がいるのです。

 

もちろん、人って支えあって生きていくものなので、

協力は惜しみません。困っている人は助けたい。

 

しかし、

 

「責任感のある女に、タダ同然で仕事を押し付けてしまおう」

 

と考えている人は多く、

おそらく、全国どこに行ってもいますし、

こういう人に限って、

他人に仕事を押し付けておいて自分だけバカンス、みたいな(比喩)

やり方を「別にいいじゃん」と罪悪感なくやってのけます。

 

とどのつまり、

責任感が強く、面倒見のいい長女体質の女性は、

やっと家族の依存から逃れても、

同じような悪魔たちに利用されて

使い捨てされてしまうのがオチ、ということです。

 

んで、困ったことに最悪なパターンとして

「いいの、私、人に頼られることで生きがいを感じるから」

と、タダ同然で仕事してしまう人がいることで、

仕事の価値そのものが安くなってしまい、

「あの人は文句言わないで仕事してるのに、どうしてお前は反発するんだ」

と、ブラックがホワイトを叩くようになります。

 

もっと具体的な例で例えると、

有給休暇制度があるにも関わらず、

長女体質の人が「働きたいので」と有給を取得せずに

働き続けることによって、

有給をとりたい人がいざ取ろうとすると

「皆さんは取得していないのに、あなただけ取得するんですか、空気読めないんですか」

みたいなことが起こる→ブラック化が進む、という構図が実際にあります。

 

これも、長女の呪縛です。

 

残念ながら、長女体質の人が我慢をして

搾取対象に有り続ける限り、女性の労働

そのものの価値が下がってしまう、ということが起こっているのは事実です。

 

そして、男性は自分にとって都合の良い女を

選ぼうとしますから、

セクハラやモラハラの被害に遭いやすいのも長女です。

被害に遭っても我慢してしまうのが長女です。

 

今考えてみると、私の両親は

実に「都合の良い子供を作り上げよう」としていた

ように思います。

 

都合の良い子供とは、

・親に歯向かわない

・好き嫌いせずなんでも食べる

・教えてもいないのに勉強がよくできる

・自己管理ができて手間がかからない

・周囲からの評判がいい

・兄弟の面倒をよく見る

・親を楽させる

 

子供側としては、親の要望にできる限り

応えたいので努力しますが、

人参を釣られて走る馬のように

なかなか餌がもらえません。

 

そして、餌がもらえなくても頑張ってしまう人間になってしまうのです。

 

これって、ブラック企業の英才教育みたいなことですよね

 

ということで、

長女の呪縛に今も苦しんでいる私ですが、

すぐに脱ぎ捨てられるものでもないのです、これが。

 

なんなら今すぐ親に土下座してもらって

「今まですいませんでした」って謝罪してもらったところで、

世の中からこういったブラック体質が消えてなくなる

わけではないので、何も解決しません。

 

ただ、精神的に大きな傷になっていることは事実です。

今もうつ症状や、解離症状は起こります。

ごまかしながら生きている、という感じです。

たぶん、一生なくなることはないでしょう。

 

しかし、「私、長女の呪縛に縛られてるじゃん!」って

気がついてからは、どんどん楽になっているのは事実です。

 

もし誰かに「タダで労働してや、責任感あるんでしょ?」

みたいに言われたら、

「は? 無料じゃないんで、お金払ってもらうまで労働しませんけど」

と、強く突っぱねることができます。

これをすることによって、

今までいかに「搾取目的で近づいてきた人間が多かったか」に

気付かされます。

 

一番言いたいのは、

 

自分が長女体質だと気がついた方は、

 

利益の出る行動以外、してはいけません。

 

 

誰かに喜んでもらおうとか、

感謝してもらおう、とか

そんなぼんやりした行動ではなく、

目に見える形で明らかな報酬をいただける

こと以外に、貴重な自分という存在を消耗してはいけません。

 

ボランティアや人助け、といったことは

「貴重な自分を大事にできる人」が、何かのついでにやることであって

長女体質の人が誠心誠意込めて、自分をすり減らして本気でやる

ようなことではないのです。

 

以前の私は、全く利益のない労働で、

誰かに感謝されることで、きっと自分のプラスになる、と思い込んでいました。

 

しかし、心が満たされることはなく、

体力も精神も消耗するばかりか、

「これができるなら、これもできるよね」

と面倒事を押し付けられるようになり、

ますます自分の首を絞めていました。

そして、悲しいことに「なぜこんなに苦しいのか」

当時はわけがわからないままもがいていました。

 

たぶん、私と同じような悩みを持つ人は多いと思います。

ほかにも複雑に事情が絡んでいたり、

ブラックから抜け出すことができない人もいるでしょう。

 

でも、考えてみてください。

 

労働した上にお金がもらえない、むしろ取られる、

その上、文句まで言われ、さらに労働することを強いられる。

 

このような奴隷制度は、自分から「やめる!」と

決意すれば、辞めることができます。

相手はねちねち言ってきますが、

それらは全部「負け惜しみ」の言葉です。

 

「長女だから」

「おねえちゃんなんだから」

 

だから何?

人権って意味では、みんな平等でしょ?

 

天は人の上に人を作らず、です。

 

では、また!(^-^)

 

 

マンガボックスで【錦とあんず】連載中です!

週間人気ランキング3位ありがとうございます\(^o^)/

https://www-indies.mangabox.me/episode/95603/

 

 

 

 

●「ミルクグラフ」HPはこちら→ http://milkgraph.web.fc2.com/

●iichiでの雑貨通販はこちら→ http://www.iichi.com/shop/milkgraph

●架空ストアさん(本を委託中)→ https://store.retro-biz.com/profile_o522.html
 
●Tシャツ通販はこちら→ http://www.ttrinity.jp/shop/milkgraph/

●creema(雑貨通販)→ http://www.creema.jp/c/milkgraph/selling

●minne(雑貨通販)→ https://minne.com/milkgraph

●BOOTH(同人グッズ販売)→ https://milkgraph.booth.pm/

 

●ココナラハンドメイド→ https://handmade.coconala.com/users/30248/

 

●suzuri→ https://suzuri.jp/midorimaru033


●ORETTE.jpで男性向け恋愛コラム連載中→ http://orette.jp/

 

●「いま女子」さんで女性向けコラム連載中→ http://imajoshi.jp/


●ヴィレッジヴァンガードオンラインさんでハンコ委託販売中!→ http://vvstore.jp/feature/detail/7509/

【新作】シロクマハンコ出品中!

  • 2017.09.11 Monday
  • 09:36

JUGEMテーマ:handmade

 

こんにちわ! 福永です(^-^)

 

先日からちょっとずつ更新しております

新作のシロクマハンコ。

 

毎日、1個ずつアップしています。

最後に、4個セットも出品する予定です。

 

サンプルのハンコは朱色インクですが、

ほかにも、青とか黒、緑や紫、桃色ってのもあるので

好きな色で注文承ることができます(^-^)

あ、桃色(ピンク)かわいいかも(*´∀`*)

 

文字の部分を好きな文字(名前など)に

置き換えることもできるので、

ハンドメイドのショップ印などにも

いかがですか?

(シロクマ部分はそのまま使用します)

 

補充用インクもあるので、使い捨てではありません。

長く使うことができますよ(^-^)

 

今月は後半に向けて、新作のレターセットの

デザインを考えていきたいと思っています。

さて、どうなることやら。(わくわく)

 

ところで……

 

【錦とあんず】の6話更新中なのですが

(ラストまで残り2ページ)

 

実は、このあいだ、1ページ目から数えて、

100ページ突破しました(´;ω;`)

こんなにマンガたくさん書いたことなかったので

ちょっと個人的にめっちゃ感動。

小学校の頃から漫画描きたくて、

でも親には漫画を読むことや、描くことを

禁止されたりして、お金もないので画材も買えず、

大人になってやっと、デジタルで漫画を描く事が

できるようになりました……

 

へたくそな漫画ですが、ドキドキやわくわくが

伝わればいいな、と思っています。

 

Twitterやピクシブでも公開していますが、

この度、マンガボックスでも公開することにしました。

無料です。

 

一番更新が早いのは、Twitterで、

基本的には書き上げた直後に更新しています(2ページずつ)。

まとめて読みたい方は、Twitterのモーメントか、

ピクシブ、マンガボックスで。

 

ちなみに、7話の表紙(予定)はこちら。

7話も新キャラが登場するなど、新しい展開!

乞うご期待!(って自分で言う)

 

全部書き終わったら、1冊の本にしたいのですが、

どうなるかなあ〜

とりあえず、描き終えるまで死ねない(^-^)

がんばるぞー\(^o^)/

 

●minne→ https://minne.com/milkgraph

 

●creema→ http://www.creema.jp/c/milkgraph/selling

●iichi→ http://www.iichi.com/shop/milkgraph

 

●BOOTH→ https://milkgraph.booth.pm/

 

●ココナラハンドメイド→ https://handmade.coconala.com/users/30248/

 

 

そして、今年の11月は、去年もお世話になりました

「100人のおやさいクレヨン画展」

に参加させていただきます!

100人のおやさいクレヨン画Project

「100人のおやさいクレヨン画展2017」

2017年11月10日(金)-11月12日(日) 10:00〜17:00

青森県立美術館コミュニティギャラリー

〒038-0021 青森県青森市安田字近野185

入場無料

 

 

お近くの方は是非、足をお運びくださいね!

 

 

では、また!

 

●「ミルクグラフ」HPはこちら→ http://milkgraph.web.fc2.com/

●iichiでの雑貨通販はこちら→ http://www.iichi.com/shop/milkgraph

●架空ストアさん(本を委託中)→ https://store.retro-biz.com/profile_o522.html
 
●Tシャツ通販はこちら→ http://www.ttrinity.jp/shop/milkgraph/

●creema(雑貨通販)→ http://www.creema.jp/c/milkgraph/selling

●minne(雑貨通販)→ https://minne.com/milkgraph

●BOOTH(同人グッズ販売)→ https://milkgraph.booth.pm/

 

●ココナラハンドメイド→ https://handmade.coconala.com/users/30248/

 

●suzuri→ https://suzuri.jp/midorimaru033


●ORETTE.jpで男性向け恋愛コラム連載中→ http://orette.jp/

 

●「いま女子」さんで女性向けコラム連載中→ http://imajoshi.jp/


●ヴィレッジヴァンガードオンラインさんでハンコ委託販売中!→ http://vvstore.jp/feature/detail/7509/

 

シロクマ評価印・通販開始!

  • 2017.09.08 Friday
  • 09:57

JUGEMテーマ:handmade

 

こんにちわ(^-^) 福永です。

 

やっと販売開始しました\(^o^)/

 

学校で先生が使うような、評価印です(^-^)

 

・よくできました

・がんばりましょう

・みました

・確認済

 

の4種類あります!

 

早速、息子先生(9歳)に「これプリントに押してあったら、どう?」

と聞いてみたところ、「いいね」と言ってくれましたwww

 

minneとcreemaでは、オプション追加購入していただくと、

文字の部分をほかの字に置き換えることができます。

 

名前でもいいですし、「ありがとう」「またね!」などの

言葉に置き換えることもできますよ。

 

インクも7色あるので、お好きな色でご注文承ります。

補充用インクもあるので、使い捨てではありませんよ!

補充用インクについては、こちら

 

サイズはこんな感じ〜

印字面は2.6cm×2.6cmですよ。

 

毎日ちょっとずつ出品していきますので、

是非チェックしてみてくださいね!

 

この勢いで、インク浸透式の仏像ハンコも

作りたい(´ω`)

お楽しみに☆

 

麻紐バッグも編んでいきますよ〜

●minne→ https://minne.com/milkgraph

 

●creema→ http://www.creema.jp/c/milkgraph/selling

●iichi→ http://www.iichi.com/shop/milkgraph

 

●BOOTH→ https://milkgraph.booth.pm/

 

●ココナラハンドメイド→ https://handmade.coconala.com/users/30248/

 

紙雑貨も元気に通販中!

ご注文お待ちしております(^-^)

 

では、また!

 

●「ミルクグラフ」HPはこちら→ http://milkgraph.web.fc2.com/

●iichiでの雑貨通販はこちら→ http://www.iichi.com/shop/milkgraph

●架空ストアさん(本を委託中)→ https://store.retro-biz.com/profile_o522.html
 
●Tシャツ通販はこちら→ http://www.ttrinity.jp/shop/milkgraph/

●creema(雑貨通販)→ http://www.creema.jp/c/milkgraph/selling

●minne(雑貨通販)→ https://minne.com/milkgraph

●BOOTH(同人グッズ販売)→ https://milkgraph.booth.pm/

 

●ココナラハンドメイド→ https://handmade.coconala.com/users/30248/

 

●suzuri→ https://suzuri.jp/midorimaru033


●ORETTE.jpで男性向け恋愛コラム連載中→ http://orette.jp/

 

●「いま女子」さんで女性向けコラム連載中→ http://imajoshi.jp/


●ヴィレッジヴァンガードオンラインさんでハンコ委託販売中!→ http://vvstore.jp/feature/detail/7509/

 

【ブラック企業の正体!?】身近なブラックにご注意【毒親】

  • 2017.09.07 Thursday
  • 16:57

JUGEMテーマ:handmade

 

こんにちわ、福永です(^-^)

 

書き始めると止まらないもんで、

ここ数日、思い出したままに

いろいろ書いていますが、

今回も真面目な話。

 

結構「ブラック企業に勤めている、辞めたい」という人多いですよね。

私もそこそこブラック企業を経験してきましたが、

最近【毒親】について調べているうちに

 

「あれ? ブラック企業も、いじめも、毒親も同じじゃね?」

 

ってことに気がつき始めました。

 

そもそも、私が「両親から精神的な虐待を受けていた」ってことを

自覚できたのが、ついここ数年の話なので、

(生まれたときから虐待されていると、慣れてしまって自覚できない)

ようやく「虐待ってもんがなんなのか」が掴めてきたのですが、

その正体を知れば知るほど、

「いやいや、世の中ずいぶん虐待で満ち溢れてるな!」

って思うようになったのです。

 

では、今回のテーマ…

ブラック企業の“ブラック”の正体、とはなんなのでしょうか。

 

はっきり言って、以下の3点に集約できます。

 

・目に見えない精神的な部分の甘え

・人権侵害をした上での脅迫

・低賃金(低報酬)での搾取

 

例えば、残業代が支払われない、有給休暇が取れない、

などと言った企業の場合、企業側が個人に「甘えている」わけです。

この甘えというのは、子供が親に甘えているのと似ています。

「やっても許される、だって子供だもん」って感じです。

バレなければ万引きしてもいいよね、ってのにも似てますね。

企業以外にも、いじめの場合、

「イライラするから殴った、でも許される」みたいな暴力は

“甘え”の発露です。

 

また、「人権を侵害した上で脅迫」というのは、

「お前こんな簡単なこともできないのか、ほかのみんなはできてるのに。

当然、終わらせないまま帰るなんてことできないよね?」など、

人権を踏みにじった上で仕事を強要することによって

束縛することを指します。

会社を辞めようとして

「君みたいな無能な人は、どこに行っても邪魔者扱いされるよ」

なんてのも、同じです。

 

最後の「低賃金での搾取」これは、賃金に限定されるわけではなく

ここで言う報酬というのは、「褒める」「認める」というのも

含まれます。

給料が月10万で、ボロボロになって働いているのに、

「そんなの甘えだ、もっとできるだろうが」

なんて叱責されるのでは、割に合わないですよね。

労働と報酬の釣り合いが取れていないことを

「搾取されている」と言います。

労働以外の部分で、報酬に見合わない仕事を

させられる場合も含むので、

「パートタイマーで収入が少ないのに会社の飲み会に強制参加させられる」

「就業時間前に会社の掃除を済ませておくように指導された」

「社内で男性社員に向かってにこにこしていないと怒られる」

なんてのも、ここに含まれます。

 

んで、このようなブラックが【毒親】とどう関係するのか

ということなのですが、

実は、この企業と労働者の関係は、そのまま

親と子に当てはめることができます。

 

毒親は、子に「自分の親の代わり」を求めています。

毒親は、子に「自分から離れてほしくない」です。

毒親は、子に「無償の愛・無償の信頼」(無報酬)を求めています。

 

つまり、毒親の「毒」とブラック企業の「ブラック」は

場所は違えど、同じものだと言えます。

 

私は以前勤めていた会社で、お客さんの対応をしていたのですが、

上司から「お客への態度と、上司への態度だったら、

上司への態度を優先すべき」みたいなことを言われて

「は?」となったことがありました。

そのときの私の「仕事」は、お客さんの対応だったのですが、

上司の言葉を要約すると

「お客さんより俺をかまって!!!」ってことでした。

 

また、私の親(毒親)からも

「外面はいいけど、どうして家の中ではもっと

可愛くできないの?素直になりなよ!」

「もっと子供らしいかわいい態度ができないのか!」

と叱責されましたが、褒めることをしない親に対して

どうして笑顔など見せることができるでしょうか。

 

逆らえば無視をされるし、

機嫌が悪ければこちらのことをお構いなしに

八つ当たりをします。

住まいや食事を提供して「いただいている」という

立場であったとしても、「褒める」「認める」という

報酬がなければ、当然ながら笑顔というオプションは

追加できない、ということになります(^_^;)

 

サービスを提供された分、支払いが生じるのは当然ですが、

ブラック企業、毒親、いじめ、と言った

「目に見えないサービス」で報酬が支払われないことが

多いために「理不尽だ」と我々は感じるのです。

 

言わば「無意識のうちに無銭飲食している人が多い」ということです。

 

「自分は今、ブラックな環境に身を置いているのか?」

と疑問に思う人は、

上記の3つのポイントで判断してみるといいと思います。

 

また、「毒親に育てられてきた子供が大人になってからも気がついていない」

パターンも多く散見します。

辛いことですが「自分の親は毒親だった」ということに

気がつかない限り、

ブラック企業の搾取対象から外れることはありません。

「なぜかわからないけど苦しい」という状態が、ずっと続くことになります。

また、自分が知らぬ間に相手に対して(子供に限らず)

ブラックや毒の状態を強要する危険性もあります。

 

どこからが虐待なのか、については前回の記事

ご参照ください。

 

これって「傘を盗まれたから、誰かのビニール傘盗んでやれ」

ってのに似ています。

そうやって、ブラック企業も、いじめも、毒親も、

連鎖していきます。

 

どこかでこの連鎖、断ち切ることができれば

きっと心が穏やかになれます(^-^)

 

まずは「何がブラックなのか、何が毒なのか」

その区別がつくように、ひとつひとつ、

考えながら事象を整理していくことができるようになることが大事です。

 

では、また(*´∀`*)!

 

 

 

●「ミルクグラフ」HPはこちら→ http://milkgraph.web.fc2.com/

●iichiでの雑貨通販はこちら→ http://www.iichi.com/shop/milkgraph

●架空ストアさん(本を委託中)→ https://store.retro-biz.com/profile_o522.html
 
●Tシャツ通販はこちら→ http://www.ttrinity.jp/shop/milkgraph/

●creema(雑貨通販)→ http://www.creema.jp/c/milkgraph/selling

●minne(雑貨通販)→ https://minne.com/milkgraph

●BOOTH(同人グッズ販売)→ https://milkgraph.booth.pm/

 

●ココナラハンドメイド→ https://handmade.coconala.com/users/30248/

 

●suzuri→ https://suzuri.jp/midorimaru033


●ORETTE.jpで男性向け恋愛コラム連載中→ http://orette.jp/

 

●「いま女子」さんで女性向けコラム連載中→ http://imajoshi.jp/


●ヴィレッジヴァンガードオンラインさんでハンコ委託販売中!→ http://vvstore.jp/feature/detail/7509/

 

 

 

インク浸透式スタンプの補充用インクのこと

  • 2017.09.07 Thursday
  • 14:33

JUGEMテーマ:handmade

 

こんにちわ、福永です!

 

新作の「シロクマスタンプ・評価印」

これから各サイトに順次アップしていく予定です(^-^)

 

 

さて、こちら、インク浸透式なのですが

「じゃあ、インク切れちゃったらどうするの?」

ってときのために、補充用のインクが販売されています

 

それがこちら。

タイヨートーマさん

 

こちらで各色、補充用インクが販売されています。

カラーは、

・朱
・青
・紫
・黒
・赤
・緑
・桃

全7色だそうなので、

最初に購入した色に合わせて

補充用インクを購入してくださいね。

 

学校の評価印として

よく使う〜という人は、補充用インクも

活用して、長く使って欲しいです(^-^)

 

以下販売サイトで順次アップしていくので、

どうぞよろしくお願いします。

 

●minne→ https://minne.com/milkgraph

 

●creema→ http://www.creema.jp/c/milkgraph/selling

●iichi→ http://www.iichi.com/shop/milkgraph

 

では、また!

 

●「ミルクグラフ」HPはこちら→ http://milkgraph.web.fc2.com/

●iichiでの雑貨通販はこちら→ http://www.iichi.com/shop/milkgraph

●架空ストアさん(本を委託中)→ https://store.retro-biz.com/profile_o522.html
 
●Tシャツ通販はこちら→ http://www.ttrinity.jp/shop/milkgraph/

●creema(雑貨通販)→ http://www.creema.jp/c/milkgraph/selling

●minne(雑貨通販)→ https://minne.com/milkgraph

●BOOTH(同人グッズ販売)→ https://milkgraph.booth.pm/

 

●ココナラハンドメイド→ https://handmade.coconala.com/users/30248/

 

●suzuri→ https://suzuri.jp/midorimaru033


●ORETTE.jpで男性向け恋愛コラム連載中→ http://orette.jp/

 

●「いま女子」さんで女性向けコラム連載中→ http://imajoshi.jp/


●ヴィレッジヴァンガードオンラインさんでハンコ委託販売中!→ http://vvstore.jp/feature/detail/7509/

 

 

 

 

【虐待の線引き】どこからが精神的な虐待?

  • 2017.09.07 Thursday
  • 11:12

JUGEMテーマ:handmade

 

こんにちわ、福永です(^-^)

 

もうちょっとしたら新作の準備もできると

思うので(午後か、明日?)

それまで、また駄文を綴ります。

 

麻紐バッグ、minneほか、下記サイトで通販してます!

 

●minne→ https://minne.com/milkgraph

 

●creema→ http://www.creema.jp/c/milkgraph/selling

●iichi→ http://www.iichi.com/shop/milkgraph

 

●BOOTH→ https://milkgraph.booth.pm/

 

●ココナラハンドメイド→ https://handmade.coconala.com/users/30248/

 

 

 

 

さて、今日のテーマは「どこからが虐待なの?」

ということなのですが、

“肉体的な虐待”(暴力)ってのは、もう絶対ダメです。

 

私が幼少の頃、印象的だった出来事があって、

私が学校(小学3年生くらいかな?)で友達から嫌なことを

されたり、言われたりしたことがあったんです。

それを、家に帰ってから「今日はこんなことがあった」と、

母親に言って泣いたんですね。

 

そうしたら母親は、私の頬をビンタして

 

「うるさい!お母さんにどうしろって言うの!?」

 

って叫んだんです。

 

唖然としました( ゚д゚)

…ええと、

まあ女性ならわかると思いますが、

「話だけ聞いてよ」っていう気持ちあるじゃないですか。

子どもが、学校から帰ってきて「こんなことがあった」って

報告することは、普通にあることですよね。

 

当然、私はその後、学校で何があっても

親に報告することはなくなりました。

 

それで、奇妙というか、気色が悪いというか、

このあとも母親は、自分の気分がいいときだけは

「今日、学校どうだった〜?」なんて

笑顔で擦り寄ってくるわけです。

まるで“私は良い母親”みたいな顔をして。

気持ちわるいな〜と思いました。

 

上記のパターンのように、肉体的虐待と、精神的虐待が

セットになっている場合も多くて、

この場合はビンタ、という肉体的虐待がなくても

精神的な虐待はあった、と言うことができます。

 

じゃあ、どこからどこまでが虐待なの?

という線引きに関してなのですが、

これは「セクハラと同じ」だと、私は思っています。

 

つまり、受けた側の心に傷が付いた場合、それはもう虐待です。

 

というと、かなり広域になってしまうのですが、

私のような精神的虐待を受けた者が「あれは虐待だったんだな」と

自覚できたとき、社会に出ると、いたるところで

「あ、それは虐待です」

と指摘できるようになります。

 

買い物中に子どもを怒鳴っている母親の言葉の内容を聞いて

「あー、そこまで言ったらダメ。それはもう虐待」

ラインを超えているのがわかります。

 

子どもは、実は虐待を受けているとき、

「これは虐待だ、今自分は虐待を受けている」

とは自覚できません。

ここが大きな問題。

だって、信頼しなければいけない親という存在が、

まさか自分のこと虐待するなんて信じがたいですからね。

 

ただ、確実に「心の傷」にはなってるんですね。

 

「セクハラと同じ」で、受けた側の心が傷ついたら虐待、

ということは、言わば、

虐待も、いじめも、あらゆるハラスメント(セクハラ・パワハラ・モラハラなど)も

すべて同じレベルで起こっていること、と言えるのではないでしょうか。

 

では、これらの虐待、いじめ、ハラスメント。

確実に「それと、そうでないもの」を線引きする

判断材料があります。

 

人権を無視しているかどうかです。

 

肉体的な虐待の場合、言わずもがなですが、

この「人権を無視した発言、行動であるかどうか」が、

虐待か、そうでないかを判断する材料となります。

 

子どもにも人権はありますが、なぜか日本では子どもの人権(または女性の人権)

が軽視される傾向にあります。

 

「子供のくせに」

「女のくせに」

これも人権を踏みにじる言葉ですよね。

 

それで、もう一個重要なことがあって

 

連続性があるかどうか

 

ってのも、総合して見なければいけません。

なぜかというと、人って言い間違いや、

勘違いでうっかり人の心を傷つけてしまうことって

結構あるんですよね。

あと、受け取る方が勘違いしていたり。

 

なので、たった1回の人権侵害を「それ虐待だぞ!」

って決め付けるのは、とても難しいことなのです。

そこで見て欲しいのは、

「虐待と思われる行動に連続性があるかどうか」

なのです。

 

たとえば、お母さんが1度だけ「何言ってんの、子供のくせに生意気な」と

言ったとします。でも、そのあと「ごめんね、生意気とか言って」と

謝罪したり、その後子どもの人権を無視するような発言が一切なければ

それは虐待とは言えません。

 

重要なのは、親が「虐待を当たり前だと考えている」

その発露として、日常的に虐待が加えられていないかどうか、

ということです。

 

多いのが、「これはうちの教育方針なので」

とか言いながら、

「どうしてお前はこんな簡単な計算もできないんだ!

もう5年生なのに、これからどうするんだ!

口答えするのか!子供のくせに生意気だ!」

なんて怒鳴って、食事を与えなかったり、無視したり、

家族内で「あの子さっきね、こんなことがあって…」などと陰口を言って笑ったり、

こういったことを日常的に行うことを「教育だ」と勘違いしている親。

 

多くの場合、精神的な虐待を加えている親(毒親)は

自分が虐待をしている、という自覚はありません。

むしろ「正しい教育」と思っているので、

正義が暴走している状態です。

 

なので「私、子供にこんなことをしてしまった…虐待なのかな?」

と不安に思うこと、迷うことこそが正しいことであって

「私は絶対に間違ってない!」と思いこんでいることが危険です。

 

どんな人にも人権はあって、人権は守られなければいけません。

子どもの発言が正しい場合だってありますし、

大人だってよく間違います。

 

小さくて未熟なので、子供は「何もできない」と思われがちですが、

彼らの中には無限大の可能性があって、

大人が考えつかないような発想や、するどい視点を持っています。

できれば、子供たちがアウトプットする言葉の中に

「宝石が眠っているかも」と

耳を傾けてあげると、いろんな発見があるかもしれませんね。

 

※「子ども」や「子供」と、表記が安定しなくてすいません。

 

では、また!(^-^)

 

 

●「ミルクグラフ」HPはこちら→ http://milkgraph.web.fc2.com/

●iichiでの雑貨通販はこちら→ http://www.iichi.com/shop/milkgraph

●架空ストアさん(本を委託中)→ https://store.retro-biz.com/profile_o522.html
 
●Tシャツ通販はこちら→ http://www.ttrinity.jp/shop/milkgraph/

●creema(雑貨通販)→ http://www.creema.jp/c/milkgraph/selling

●minne(雑貨通販)→ https://minne.com/milkgraph

●BOOTH(同人グッズ販売)→ https://milkgraph.booth.pm/

 

●ココナラハンドメイド→ https://handmade.coconala.com/users/30248/

 

●suzuri→ https://suzuri.jp/midorimaru033


●ORETTE.jpで男性向け恋愛コラム連載中→ http://orette.jp/

 

●「いま女子」さんで女性向けコラム連載中→ http://imajoshi.jp/


●ヴィレッジヴァンガードオンラインさんでハンコ委託販売中!→ http://vvstore.jp/feature/detail/7509/

【これは虐待】我が子の“問題”を見て見ぬふりする親

  • 2017.09.06 Wednesday
  • 12:19

JUGEMテーマ:handmade

 

こんにちわ、福永です。

 

まだ新作の準備が整ってないもんで、

それまでどうしようかな、ってことで

書いておきたい真面目な話を

昨日に引き続きもうひとつ。

 

 

昨日のブログでも書いたのですが、

私が育った環境は、肉体的な虐待はなかったにしろ

(いや、少しあったんだけど)

精神的な虐待が日常的に行われている家庭でした。

 

んで、私たち三姉妹(私が長女)の中で、

ダイレクトに母親や父親から虐待されていたのが

真ん中の妹でした。

 

彼女は、生まれた時からちょっと違っていました。

なんというか、顔の形も私と末っ子と比べるとちょっと違うし、

他人から見ると「知的障害があるんじゃない?」って

レベルで、周囲との差が明らかでした。

 

たぶん、今きちんと調べたら、ADHDとか、高機能自閉症とか、

そういう診断が出るんじゃないかなあ、という感じで

今30歳を超えてますが、いわゆる普通の健常者…という

感じではありません…少なくとも、私の目にはそう映ります。

 

私たちがまだ子供だった時代、このような病名はまだなくて

妹はもちろん普通の学校に通い、当然のようにいじめの対象になりました。

 

そして、両親は彼女に「普通」を強いました。

 

「お前は普通なんだから、もっと普通にしろ」

 

そう言い聞かせているようでした。

 

読み書き計算もまともにできず、

見た目で馬鹿にされ、

できないことが多いので両親の八つ当たりの対象になる。

過酷な生活だったと思います。

 

私たちが成人した後、私は母親に「そういえば昔、妹大変だったよね」

という話を振ってみました。

 

私としては、間近でそれを見ていた人間だったので

「妹が可愛そうだった」

という話をしたかったのですが、母親は

「私は大変だった、あの時は八つ当たりせずにはいられなかった」

と、自分を主人公にしたストーリーを語っていました。

母親は、自分を正義だと思っています。

その正義のために、犠牲になった人間が存在することを知りません。

知ろうともしませんし、視界にあっても見えていないのです。

 

母親は妹に「お前は普通なんだから、普通のことができて当たり前」と

いう考えを押し付け、妹もまた

「自分は普通なのに、どうして普通のことができないんだ」と葛藤し、

結局、適切な対応ができないまま今日に至っています。

 

結局、親は彼女に何らかの障害があることを

絶対に認めなかったのです。

そして、今も認めていません。

 

そして、本人も、自分に何か

障害があるのかも、と思いつつ、現実を直視していません。

 

「我が子に問題があることを知っていながら、

現実を直視できないから無視する」

 

障害と言えば語弊はありますが、

みんなそれぞれ何かが違って当然なので、

みんなと違うことを「恥ずかしい」と思う

ことが間違っていると、私は思います。

 

まして、自分のプライドを守るために

「なかったことにする」のは

間違っていると私は思います。

 

妹を見ていると、まるで

“大きな体格のひとに、無理やり子供サイズの服を着せている状態”です。

 

精神的な虐待は、可視化するのが難しいのですが、

このように「問題があるのに、見て見ぬふりをする」

というような虐待は、明らかに存在します。

 

私もおそらく、現代社会で生きていく上で

集団生活が苦手なことや、音や光に敏感であることなどから

調べれば何らかの発達障害のようなものがある

のかもしれません。

 

ただ、得意なことはあります。

苦手なことがあることと、得意なことがあることは

表裏一体です。

 

現に妹は、とても歌がうまいです。

竹内まりやのような声です。

でも、母親に「へたくそだ」と馬鹿にされて育ちました。

私はそうは思いません。でも、本人は「下手だから」と

人前で歌いません。

こんな悲しいことがあっていいのでしょうか。

 

どんな子供が生まれてくるかわからないのは、

会社で、どんな後輩が入社してくるのか

わからないのと一緒です。

めちゃくちゃ手のかかる問題児かもしれませんし、

自分より優秀な人材かもしれません。

 

ただ「子供ってのはこうあるべき」みたいな理想の子どもの型に

実際生まれてきた子どもの形を変えて無理やり押し込めるのは

今の日本の教育における大きな失敗です。

 

失敗からは学ばなければなりません。

失敗を繰り返してはいけません。

 

「何か問題が起きたら、変化の時であり、チャンスでもある」

 

親の器質が、ネガティブでもポジティブでも構いませんが、

とくに教育の場では、

指導する側の感情は抜いて、機械的に判断する必要があると思います。

 

うちの妹のような子が、

ひとりでも多く救われますように…

 

 

では、また!

 

 

●「ミルクグラフ」HPはこちら→ http://milkgraph.web.fc2.com/

●iichiでの雑貨通販はこちら→ http://www.iichi.com/shop/milkgraph

●架空ストアさん(本を委託中)→ https://store.retro-biz.com/profile_o522.html
 
●Tシャツ通販はこちら→ http://www.ttrinity.jp/shop/milkgraph/

●creema(雑貨通販)→ http://www.creema.jp/c/milkgraph/selling

●minne(雑貨通販)→ https://minne.com/milkgraph

●BOOTH(同人グッズ販売)→ https://milkgraph.booth.pm/

 

●ココナラハンドメイド→ https://handmade.coconala.com/users/30248/

 

●suzuri→ https://suzuri.jp/midorimaru033


●ORETTE.jpで男性向け恋愛コラム連載中→ http://orette.jp/

 

●「いま女子」さんで女性向けコラム連載中→ http://imajoshi.jp/


●ヴィレッジヴァンガードオンラインさんでハンコ委託販売中!→ http://vvstore.jp/feature/detail/7509/

 

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

twitter

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM